2017 Thales Data Threat Report
日本エディション

企業内のITセキュリティプロフェッショナル(日本では100人、グローバルでは1,100人)に対してグローバルアナリスト企業である451リサーチ社が調査。

日本エディションをダウンロード
thales data threat report

改正個人情報保護法が施行され、企業はコンプライアンス要件への適用を優先すると共にITセキュリティを強化。

企業は従来以上にデータ保護に対する対策が急務となっています。改正個人情報保護法が施行され、さまざまな対策が必要とされる中もサイバー攻撃はエスカレートし続けています。本レポートによって脅威やデータ保護に対する理解をより深めることができます。

主な統計値

66%

脅威に対するセキュリティ予算増を予定。 ITセキュリティのための予算を最優先とする。 (昨年の30%より増加)

83%

データ保護に対して脆弱であると感じる。 – 23% が「極めて脆弱」と回答。

54%

ITセキュリティのための予算増を予定。 (昨年の31%より増加)

Related Reports

2015 Vormetric Insider Threat Report –
日本版*アジア版

2015 Insider Threat Report 日本エディション・アジアエディションでは、2015年に調査を行った内部犯行についての詳細な結果が記載されています。ITセキュリティ予算増がどのように始まったか、また情報漏洩増加の傾向についてご確認頂けます。業界分析を行う世界的な市場調査会社オーバム社のハリス氏によるサーベイ結果となります。

詳しくは

2016 Vormetric Data Threat Report –
日本版

2016 Data Threat Reportの日本エディションでは、日本企業におけるデータ脅威に対する調査・分析結果をご確認頂けます。増加するデータに対する脅威、世界の競合企業との比較結果が記載されています。調査・分析は451リサーチ社によるものです。

詳しくは
2017 Thales Data Threat Report 日本企業のITセキュリティプロフェッショナル100人を対象とした調査および全世界の回答者合計1,100人との比較データに基づく、451リサーチ社の情報セキュリティ分野プリンシパル・アナリスト、ガレット・ベッカー氏による分析結果。 日本エディションをダウンロード